FC2ブログ

銀座奥野ビル306号室プロジェクト日誌

銀座奥野ビル306号室プロジェクト

「スダ商会」について(西松)

0   0

須田美容室の経営者であった須田芳子さんは、いっとき関連したいくつかの事業を手掛けていたことが 残された資料から伺えます。その一つに「スダ商会」という名刺があります。
名刺の表に、「工業用油脂研磨剤「ユラク」 製造元 タツミ商会薬品部 発売元 スダ商会 東京市京橋区銀座1丁目五番地 電話京橋(56)一八一九番 五二一四番」と記してあり、裏には「須田芳子 東京都京橋区銀座一丁目五番地 電話京橋(56)一八一九番」、さらにその横に万年筆とおぼしきブルーブラックのインクで「工場 東京都目黒区上目黒二ノ一九九四」と手書きしてありました。

meisi.jpg meisi2.jpg

 目黒にあったという工場の跡がどうなっているのか? ここから須田さんの新たな手掛かりが得られないかと思い、調べてみることにしました。名刺の表の住所が「東京市」となっているところを見ると昭和18年以前のはずですが、名刺の裏の表示は「東京都」となっていますから、恐らくその前後のことでしょうか。
 
 東横線の都立大学駅近くにある目黒区立中央図書館のレファレンスで宅地地図を請求すると昭和33年のものしかありませんでした。上目黒2丁目1994番地は現在の上目黒2丁目20,21,22番地にあたります。そのすぐ近くにはアメリカンスクールがあり、相当する番地の大半を占めるのが、株式会社鏑木本店とその製材部、そして経営者の鏑木氏の私邸で、駒沢通り沿いに製麺所と獣医の店があるほかすべて個人の住宅になっています。
 
 現地に行って見ると東横線の中目黒駅から徒歩で5分ほど。かつてアメリカンスクールがあった場所は今は目黒区総合庁舎になっていました。昭和33年の地図にあった鏑木本店は現在もその場所にありましたが木材業から不動産業に変わり、駐車場とマンションビルが建っていました。製麺所と獣医の店のあった場所もビルになっていました。そのほかの住宅は、表札から見ると一部名前が変わっていますが、ほぼ半数は昔からの家のようでした。まずは、不動産業を営んでいる鏑木氏の事務所を訪ねスダ商会とタツミ商会について聞いてみました。50代前後の男性が出てきて「先代はすでに亡くなっているので、古いことはよくわからない。私も記憶がない」とのことでした。また、鏑木氏の隣に住む長谷川氏に尋ねてみると「スダという名前の表札をどこかで見たように思うが、小学生の頃のことではっきりしない」、また同じくその近所に住む染谷家のおばあさんは「そうした名前には全く記憶がない」とのことで、結局スダ商会の工場が、そこに本当にあったのかどうか、またどこにあったのかを突き止めることはできませんでした。
また、ユラクという商品名や辰巳商会という会社名についても少し調べてみましたが関係のありそうな手掛かりを得るにいたっていません。いずれにしても、一枚の名刺と封筒しか残されておらず、須田さんがこの時期どのようなビジネスを行っていたのか、残念ながら明らかにすることはできませんでした。


 

スポンサーサイト



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://306project.blog119.fc2.com/tb.php/33-84653f9a
該当の記事は見つかりませんでした。