FC2ブログ

銀座奥野ビル306号室プロジェクト日誌

銀座奥野ビル306号室プロジェクト

「消失的物语 /消えてゆく物語り」 展

「消失的物语 /消えてゆく物語り」龍貝妮 ・田島木綿  二人展

2018年11月19日(月) ー11月26日(月)
19月 13:00-19:00
20火 Closed
21水 12:00-17:00
22木 13:00-19:00
23金 13:00-19:00
24土 13:00-19:00
25日 12:00-17:00
26月 12:00-17:00
*日によって開閉室時間が異なりますのでご注意ください。

奥野ビルは1932年「銀座アパート」として建てられました。それから間もなくして一人の女性が入居、306号室に美容室を開業します。今も残る丸い鏡は美容室であった頃と同じように部屋を映しています。一方で、壁紙やペンキは少しずつ剥がれ落ち、部屋の記憶もゆっくりと剥落を続けます。
「消失的物语 /消えてゆく物語り」 展では、306号室にインスパイアされた中国と日本、2人の作家によるサイト・スペシフィック作品を展示します。

tajima1811.jpg

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。