銀座奥野ビル306号室プロジェクト日誌

銀座奥野ビル306号室プロジェクト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田口賢治 写真と朗読[UNDER_BAR] アブサンスプーンの対話 VI. TYPIST

【公演内容】
田口賢治 写真と朗読[UNDER_BAR]
アブサンスプーンの対話 VI. TYPIST
7/31(月)-8/2(水) 19:00-開場/19:15-開演
:公演時間30分 (+bar time-22:00頃迄)
入場無料(投銭歓迎)  土足厳禁

空間彫刻:
タイプライター、印字の影、シーツの概念、
気配の痕跡(皮膚の複写)、写真[Watson's Hotel 1867]
テキスト:
ウィリアム・バロウズ『裸のランチ』(1959)、
ジョン・ケージ 『4'33"』(1952)
***
私は自動販売食堂の中へ割り込んでいく
奴さんは見ず知らずの誰だか他人のコートを引掛けて
不全麻酔にかかった一九一〇年当時の
銀行家のような格好をしているし
いつもながら目立たないぼろ服姿の爺さんは
垢光する不潔な手でパウンドケーキを
熱いスープに浸して食べている
***
会場:銀座奥野ビル306号室(スダ美容室)
東京都中央区銀座1-9-8 奥野ビル306号室

ktaguchi1708.jpg

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。