銀座奥野ビル306号室プロジェクト日誌

銀座奥野ビル306号室プロジェクト

西洋館物語「旧細川侯爵邸」の報告 (西松)

当初、明治期に建てられた細川邸は煉瓦の西洋館と和風の木造建築が別棟であった。関東大震災で被災した後、細川家第16代細川護立によって昭和11年に建てられたこの邸宅は、内部に和風の要素を取り込んだ鉄筋コンクリート造である。外観はイギリスのチューダー様式を基調にしたもので、急勾配の切り妻屋根とハーフティンバー調。1階は洋風だが、階段ホールの手すりは法隆寺の卍崩しのデザインとなっている。大きな大理石の暖炉に加...
0
該当の記事は見つかりませんでした。