銀座奥野ビル306号室プロジェクト日誌

銀座奥野ビル306号室プロジェクト

スポンサーサイト

ブータンで見た廃屋(西松)

建物は、人が住んでいると誰それの家であり、誰々の建築であるが、人が住まなくなり、世話をする人がいなくなると、モノとしての存在感が増してくる。そんな時に「廃屋という言葉で呼ばれるのは、少し気の毒な気がする。意味としては正しいが、モノとしての存在感が備わって、まさに建物になったのではないか。この時にこそもう少し、じっくりと見てやりたい。廃ではなく、生きた屋を。ただ、狭くなった地球、建物はいつのまにか壊...
0

アーモンドとクリスマス(田島)

こんなすてきなアーモンドをこさえてバー美容室にやって来る、高橋幹夫さんの企画:展示と絵本朗読『スペインのクリスマスーラクダに乗って贈り物を運んでくる王様たち』が12月22日〜24日、306号室にて開催されます。みなさま、ぜひ遊びに来て下さい。展示と絵本朗読 【スペインのクリスマス―ラクダに乗って贈り物を運んで来る3人の王様たち】取材 企画:高橋幹夫2012年12月22~24日11:00~19:00絵本朗読 各日14:00~,17:00~(...
0
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。