銀座奥野ビル306号室プロジェクト日誌

銀座奥野ビル306号室プロジェクト

「スダ商会」について(西松)

須田美容室の経営者であった須田芳子さんは、いっとき関連したいくつかの事業を手掛けていたことが 残された資料から伺えます。その一つに「スダ商会」という名刺があります。名刺の表に、「工業用油脂研磨剤「ユラク」 製造元 タツミ商会薬品部 発売元 スダ商会 東京市京橋区銀座1丁目五番地 電話京橋(56)一八一九番 五二一四番」と記してあり、裏には「須田芳子 東京都京橋区銀座一丁目五番地 電話京橋(56)一...
0

壁の穴(田島)

さて、『小さな看板』に続いて2つ目の謎です。306号室に入ると、目につくものがいくつかあります。鏡、剥離しつつある壁、そして窓側から部屋の4分の1ほどせりだした壁の穴。穴と書いておいて何ですが、実際は、25cm四方の四角い小窓と言った感じの形状で、同じく25cm四方くらいの木製のカウンターが付いています。でも、窓と言うには、やや低い位置にある様な気がします。(腰の位置ぐらい)何の為の穴なのでしょう?まずは、...
0

306号室の計測 (西松)

11月7日(日)午後1時から建築家の大谷宗之さんとスタッフの方による306号室の計測作業が行われた。入口から玄関口、鏡の間、控えの間、そして押入れ、シャワールームと順番に壁と壁の間、壁と柱の間が巻き尺を使って丹念に調査された。大工のこだわりであろうか、柱には微妙な凹凸やカーブが付いており、かなり大変な作業だ。図面には、細かな字で数字が記入され、それが数枚になった。計測は今日と11月21日(日)の2...
0

遠足(田島)

銀座奥野ビル306号室プロジェクトとして、そろそろご近所を見てみようと言う事で、先日メンバー数人が集まり、中央区主催の『中央区まるごとミュージアム』というイベントに参加してきました。実際に何をしたかと申しますと、ガイドさんの解説を聞きながらまち歩きをしたり、船に乗ったりしました。 たまには、近所をじっくり見てみるのも良いものです。...
0
該当の記事は見つかりませんでした。