銀座奥野ビル306号室プロジェクト日誌

銀座奥野ビル306号室プロジェクト

ひろいぬし 森谷

下を見ながら歩き、目に入ったヘアピンを拾う。そんな行為を初めて旧須田美容室に入った日から約10ヶ月間続けてきた。探し集めたつもりは無かったが意外と集まるものである。明日からの二週間、最終日までは継続してみようと思う。...
0

「三つの平面による構成」 何日目?・・・最終日(比留間雅人) 

もはや日数の感覚がわからなくなってきた。ま、よいことなんだろう。先日、メンバーのY氏が306号室で撮影。亡くなった父君のコートがモチーフ。O氏とk氏が合流し懇談。「記憶」のことを再び考える。Y氏の撮影に立ち会って思ったが、状況を構成することの大半は、設計図に沿った作業より、現場での即興的なブリコラージュだ。今回の企画も結果的にはそうなったが、まだ設計図にこだわっていたと実感。いや、それはそれでよいんだけ...
0

「三つの平面による構成」 九日目 (比留間雅人)

この二日はデータをいじる作業と、原稿の校正。事務手続きですぎた。原稿は二種類。ひとつは「消費欲望」に関するマーケティング関係の論文、もうひとつは「生物多様性」に関する座談会記事。強烈に眠い。八日目に、写真と挨拶状の掲示方法をリニューアル。たぶん最終日まで微修正を繰り返すことだろう。今日は昼休みを利用して電気をつけにいく。センサはあきらめた。蛍光灯の灯りが部屋の煤けた黄緑色をのっぺりと照らして、なん...
0

「三つの平面による構成」七日目(比留間雅人

五日目、六日目はダウンしてしまい記事の更新できず。六日目と七日目は、Y氏K氏にいただいたダメ出しをうけて微修正。他の二枚の「平面」の掲示の仕方も検討する。つきなみであることを表現としてコントロールするのは本当に難しい。・・・・・・・・・・・・・昨日は日中法事で東京を離れていた。生前あったことのない親族の法事。存在しない記憶を辿った。・・・・・・・・・・・・・306号室の扉には、写真と挨拶状が掲示され...
0
該当の記事は見つかりませんでした。