銀座奥野ビル306号室プロジェクト日誌

銀座奥野ビル306号室プロジェクト

田口賢治 写真と朗読[UNDER_BAR]

田口賢治 写真と朗読[UNDER_BAR]  アブサンスプーンの対話 III.  「硝子候(がらすのきざし)」4/24(月)-26(水) 19:00-開場開演 土足厳禁公演時間15分程度 +α(bar time) 入場無料ガラスのオブジェ24点による空間彫刻4枚のキャビネ大フロートガラスの間に3枚のインクジェットプリントを重ねる「列車の窓から眺めた西の彼方」
「錆と埃にまみれ銀化した古い瓶」
「毎朝窓を開ける先の東の空」(鏡像)テキスト:フェルナンド・...
0

深川美楽市

今回も、銀座奥野ビル306号室プロジェクトは、「深川美楽市」に参加します。...
0

「第三日曜日にスダ美容室で」〈その2〉

第三日曜日にスダ美容室で 展YU TAJIMA2017年、2ヶ月に一度開催する1日限定の展示をシリーズ、第2回目。日 時11時ー16時すぎ2017年4月16日(日)「 a room of stories 」6月18日(日)8月20日(日)11月22日(日)12月17日(日)場 所銀座奥野ビル三〇六号室プロジェクト東京都中央区銀座1−9−8奥野ビル3階 306号室 http://306project.web.fc2.com/index.htm...
0

黑多弘文 「Still Life3 The Viscera And The Mind」

黑多弘文「Still Life3 The Viscera And The Mind」4/3.4 15:00-18:00「5027」4/14.15 15:00-18:00「静物画」シリーズの3。同じモチーフ、瓶、玉ねぎそしてりんご、を各回ごとに表現形態を変えて展示する。作品ではひとつひとつの視覚的出来事を幾層にも重ねて、視点によって対峙する観客と作品の関係性を揺さぶる。このシリーズの出発点は二人展であり、展示会場を支配していたのはもう一方の作品であった。「5027」はこのシリ...
0

田口賢治 写真と朗読 [UNDER_BAR]アブサンスプーンの対話 II.

田口賢治 写真と朗読 [UNDER_BAR]アブサンスプーンの対話 II.ヴェール :|: Aurangabad_demo-tape/ジャック・デリダ『ヴェール』を読む3/30(木) - 4/1(土) 19:00会場 19:15開演 入場無料公演時間15分ほど+α(bar time)会場:銀座奥野ビル306号室(スダ美容室)東京都中央区銀座1-9-8 奥野ビル306号室映像化した95枚の写真によるインスタレーション。4本のワイヤーをペグで張る。4枚の布を吊る。その中で、ジャック・デリダ『ヴェ...
0

まぐにゃむフォトによるカフェイベント

まぐにゃむフォトによるカフェイベントコーヒーとお菓子をご用意してお待ちしています会期:2017年3月25日[土]〜3月26日[日]13時〜19時(最終日は17時まで)会場:奥野ビル306号室 東京都中央区銀座1-9-8詳細: https://www.facebook.com/events/1646021949033631/◎初日19時より会場にて、ねこ飲み会開催します。お気軽にご参加下さい。担当:野村とし子(megawatt.fullvolume@gmail.com)...
0

「Sanctuary-ある迷宮-」田口香林(生け花草月流)with 黒多弘文展

「自華像」 2016...
0

剥離画Work残像2017 展 多次元アーティスト/iwa

タイトル:剥離画Work残像2017名前:多次元アーティスト/iwa会期:2017年3月2日〜6日時間:11時~19時「プロフィール」  1947年 福島 二本松で生まれる 30代 エコロジストとして、関西中心に各地に体を運ぶ。40代 モンゴル ハラホリンにて、自分の手も見えない程の漆黒の夜。満天の星空の中、律動的な妙音を発しながらうごめく満天宇宙を一つの生命体と実感し、同時にその宇宙生命体の立体視体...
0